愛知県豊橋市の漢方自然薬のイバ

ジメジメ梅雨は、お肌のトラブルにご注意を 1 漢方の抗生物質...荊防敗毒散

2016/06/15 12:20

カテゴリー: 皮膚病・皮膚トラブル,漢方薬・自然薬,カゼ・インフルエンザ

ジメジメ梅雨は、お肌のトラブルにご注意を 1

 

 豊橋市近郊では、今年は雨は少な目ですが、やはりジメジメして過ごしにくい、梅雨の季節がやってきました。

ただ暑いだけではなく、かいた汗が蒸発し難く肌がベタベタ不快な季節です。皮膚病をお持ちの方にはかゆみなどの肌のトラブルも出やすいつらい季節です。

 

 皮膚病といえば、華岡青洲(はなおかせいしゅう)という江戸時代の外科医がいました。世界で初めて全身麻酔を用いた乳ガンの手術に成功した華岡青洲は、西洋医学(蘭方)の有名のように見られていますが、漢方でも貢献しています。

華岡青洲十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)や紫雲膏(しうんこう)などの処方を作っています。全く新しく発明したというよりも、中国に存在した有名な処方(名方)を日本人に合った処方にアレンジしたものです。

 

豊橋市の漢方薬処 皮膚病・アトピー・アレルギーの漢方

 

漢方の抗生物質...荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)

 

 十味敗毒湯のベースとなった処方が、荊防敗毒散です。

 

いざ日本で作る段になると、羌活(きょうかつ)、前胡(ぜんこ)という生薬が手に入りにくいなどの理由で、国内にある10生薬だけで十味敗毒湯にまとめたようです。荊防敗毒散の代わりに十味敗毒散を使う場合もあります。

 

漢方薬の効果や性質(方意)としては、ほぼ同じですが、

 

清熱解毒解表の点では、荊防敗毒散が一歩優れています。

 

清熱:熱を冷ますということ。熱は発熱、炎症などのこと。
解毒:身体に悪い影響をもたらす病原菌やウイルスは身体にとって毒で、これを体から出すこと
解表:邪気が身体の表面を障害する病気の初期にあたる『表証』を発汗作用などにより治す作用

化膿性疾患に使う時には、排膿のパワーがあり、解表作用のある生薬も多いことから、ノドの痛みを訴えるかぜの初期には最適です。

 

排膿:膿(うみ)を排出したりする作用

 

このような点から「漢方の抗生物質」ともいわれています。病院で出される抗生物質の副作用の胃が荒れて飲めない、便秘になる、気持ち悪くなる、体調が悪くなる…など方にお勧めの処方です。

 

店 舗 案 内

お店の外観

0532-53-3639

090-6580-4807

携帯電話は深夜24時まで

〒440-0865

愛知県豊橋市向山台町12-13

▶ 店舗詳細はこちら!

営 業 時 間

  • 午前:9:00 ~ 13:00
  • 午後:15:00 ~ 19:00

土曜日は午前のみです

定休日: 日曜・祝日

店長ブログ

様々な情報を発信しております

ぜひお立ち寄り下さい。

店長の伊庭雄三です。近況などをブログへ書いております、ぜひお立ち寄り下さい

当店人気商品

全国発送承ります

代金引換払い

送料・代引き手数料 972円

10,800円以上のお買い上げで

送料・代引き手数料無料

さらに今なら初回のみ

5,400円以上のお買い上げで

送料・代引き手数料無料